楽しいダイビングの世界!初心者の気になるポイント3つ!

ダイビングライセンス取得のススメ!

沖縄やハワイ旅行を計画すれば、きっと皆さん一度は「体験ダイビング」してみたいと考えることでしょう。もうしてきました!そんな方も多いのでは?しかしせっかく海の綺麗な場所でダイビングを楽しむのなら、ライセンスを取って潜ることをお勧めします。実は体験ダイビングで行けるエリアは、だいたい水深10メートルより浅いことがほとんど。ライセンスを取れば、そのランクに応じてさらに深い世界に行くことが可能です。残念ながら、魚の種類や地形によっては「水深○○メートルでないと見られない」ということは、しばしばあります。ひとつでもダイビングショップを見つけられれば、ほぼ間違いなくライセンス取得の案内が出ていますので、まずは問い合わせてみましょう!

ライセンス取得後、ペーパーにならないために。

筆記や実技を終え、無事にライセンスを取ったのに、そのままぺーパーになってしまった。そんな話もよく聞きます。はっきり言ってダイビングはお金のかかる趣味です。ショップによって大きく変わりますが、ライセンス取得に5万円程度、その後ショップを介して潜るような場合は1日で2万円近くかかることもあります。ですから数か月に一回でも構わないので、細々でも続けていくことが大切です(とは言え、ライセンス取得後は出来る限り頻繁に潜ったほうが、上達が早いのも事実です)。また、ダイビングに対するモチベーションを上げる方法のひとつに、少しずつ機材をそろえていくという方法があります。ダイビング機材をすべてそろえると、数十万円になってしまいます。しかし装備ひとつひとつなら大きな出費になりませんし、新しい機材をひとつ用意しておけば「次はこれを使って海に行こう」という、楽しみができます。

でも忘れないで!ダイビングは命にかかわる趣味です!

ダイビングの世界は美しく、楽しく、とても有意義な時間を与えてくれます。しかし所詮は海の中。ちょっとしたことが生命にかかわることもあるのも事実です。ダイバーは常に、自分の命は自分で守る、という意識のもとに海を楽しまなければなりません。ではどうすれば良いのか?それは自動車の教習と一緒です。「ライセンスを取るときに教わったことをちゃんと守る」そして「不安要素があれば必ず相談し、場合によっては潔く中止にする」。海外に行くとよくわかりますが、日本人は自分の主張をあまり伝えられません。潜ろうとした朝、調子が悪かった。しかしそれを相手(インストラクターやバディー)に伝えたら「大丈夫」と言われたから潜った。もしくは周りに迷惑がかかるのが怖くて、それさえ伝えられなかった。こんなことでも重大な事故につながる可能性があります。ルールを守り、ちゃんとした自己管理ができれば、ダイビングほど楽しい世界はありませんよ!

サイパンのダイビングツアーでは、綺麗な海の景色を堪能できるため、旅行中に素敵な体験をしたい場合には最適です。

Comments are closed. Posted by: admin on